1年以上ぶりの児童館

  •   30, 2016 04:48
  •  0
  •  0
昨日は町内の児童館へ行ってきました(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

普段は車で40分かけて隣町の児童館へ行っていますが、昨日は月に1度の集まりがある日。
普段は閑古鳥が鳴いてる(失礼!)児童館ですが、集まりがある日は5~6組の親子が訪れているそうで、ワクワクしながら行ってきました。

知っているお母さんは居るかなぁ。とソワソワしながら集まりが始まる30分も前に児童館へ着いてしまった 笑。
せっかちさん故、相変わらずのトップバッターです。

久しぶりの児童館は、玩具のバリエーションが増えててびっくり。
ベビーベッドも設置されてるし滑り台まで( ⊙⊙)!!
1年以上来ない間に色々と変わったんだなぁ。としみじみ。

むち子は見たことのない玩具に飛びついてた。
全ての玩具を出して並べて遊び倒す!!!
むち子が玩具に夢中の間、わたしは馴染みの先生と談笑。
ようやく家族以外の大人の人間と話しができる!!!と、わたしも喋り倒しました 笑。先生ごめん。

続々とお母さんとこどもがやってきます。

あぁ。知らないお母さんだ。
あぁ。このお母さんも初めて見るや。
あぁ。このお母さんとさっき来たお母さんは顔見知りなんや。おぉ。会話がはずんでとても楽しそうやねぇ(;´・ω・)

と、完全にわたしはアゥエー状態_(8o」∠)_

早くお家に帰りたいよ!!!と脇汗ダラダラ。

こういうとき、わたしはひたすらに床を見つめています 笑。
それも笑顔で。無表情だとこわいでしょ。いや、笑顔の方がこわいか(;'∀')

そうこうしてたら以前この児童館で1回だけ会ったことがある親子が。
わたしのことを覚えててくださって、話がはずみ、完全アゥエー状態からようやく脱出することができたのでした(^^;)
アゥエー状態はたった5~6分だったと思うんだけど1時間ぐらいに感じたよ。

以前会ったときは、うつ伏せを覚えたばかりだったのに、スタタタタと歩き、すいすいと滑り台を上って「おかあさーん!」と言葉を発していた。
お、驚き(*_*)
1年でこんなにできることが増えるんだ。と、こどもの成長スピードに驚かされました。

このお母さんとゆっくりお話ししようかな。なんて思ってたら、むち子が友達から玩具を取っている瞬間を目撃(*_*)

むち子、どうぞしてよー。
お友達に貸してよー。
お友達の玩具取らないよー。
じゅんばんばん(順番)だよー。
と、声を掛けるも完全に無視。
そのうち全ての玩具を取られて、お友達が泣いちゃった(T_T)

ちょっと、どうしてそういうことするの?!と怒って傍に詰め寄ると、ヤバイ!って顔をしてお友達に玩具を渡しますが、すぐ取リ上げる。
これの繰り返し。

泣かせてしまったお友達のお母さんに何度も何度も謝り、むち子を滑り台で遊ぶよう促し、その場から離れました。

いやー。久しぶりの児童館だからなのか、テンション上がってわたしの言うことが聞こえない(聞かない)みたい。ずーーーっと無視された。
ふとよぎった過去の児童館での出来事。→《過去記事》
今日も誰よりも早く帰るはめになるんだろうなぁ…。と、ガッカリしながらお友達に迷惑をかけないよう、彼女の行く先を追い掛けます。

そうこうしているうちに、同じ会社で働いていた同い年のお母さんがやって来た。わーい。顔見知りーーー(*´▽`*)
このお母さん、上の子はむち子と同い年なんだけど、年子で2人目を産んでるの。
年子で産むなんてすごいよ!と尊敬してたんだけど、更にお腹に赤ちゃんが…!!!それはこのとき知った。
それもまた年子になるらしくて、更に更に、旦那さんが単身赴任中。

わたしには先ず考えられん状況。
驚いた。

夏は悪阻がひどくて寝込んでいたらしく、身体の線が細くなっていた。
だけどちびっ子が居るから終日寝てられなかっただろう。
必死に1人で育児をやってるんだろうな。と、思うと、たかだか2人のちびっ子の育児にヒィヒィ言ってるわたしは何やねん!と自分の根性のなさに情けなくなりました。
しかも彼女のご実家は車で3時間かかるところ。

わたしはもう産むつもりはないと夫に話していましたが、誰かがSNSで「3人目産まれました!」とか「3人目を妊娠しました!」とか発信していると、こども3人ってちょっと憧れるなぁ。って思う自分がどこかに居る。
だけどなかなか3人目に踏み切れなくて。

金銭的。
肉体的。
精神的。にね。

夫は3人目を欲しがっているけれど、中途半端に期待させたくないのでもう産まないからと宣言しています。
第一子を妊娠中の妹にクーハンや50~60サイズのロンパースやカバーオールもあげたし。

なのになのに。

やっぱりお腹がぽっこり出た彼女を見て、ちびっ子3人ってやっぱ良いな…。って思ってしまった!!

悪阻、妊娠糖尿病、陣痛・出産の辛さ。
妊娠中も辛いけど、今より更に育児は大変になるだろう。
そのうちジジかババのどちらかが倒れて介護が必要になるだろう。

とかとか考えたらやっぱり3人目は無理だーーー!!!と、自分に言い聞かせました。はい。

そんなことを悶々と考えつつ、むち子。
お友達に玩具を貸さない・邪魔ばかりするから頭をバシバシと叩かれ、髪の毛を引っ張られてました(「゚Д゚)「
それでも譲らないむち子にお友達が泣いてしまった…。

ごめん、ごめんよお友達。
もうわたし達は帰るから。

と、やっぱり誰よりも先に帰るはめになってしまったわたし達。
もう2度とむち子は児童館へ連れて来れないな…。と、児童館を後にしようとしたとき、先生と顔見知りのお母さんが見送りに来てくれ、「また遊ぼう。」「隣町の児童館に来てね。」と言ってくださった…。

ありがとう。
ありがとう。
それまでわたしはむち子の根性を叩き直します。

いやー。
むち子の譲る精神、どうやって鍛えたら良いんだろうか。
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment